ビルの照明と省エネシステムを活用してコストを減らそう

ウーマン
  1. ホーム
  2. 住宅の修繕

住宅の修繕

ヘルメットを持つ人

大規模修繕はどのマンションにも必要なことであり、住んでいるうちに一度は経験するかもしれません。大規模修繕は建物の耐震工事を含め、防水工事や、壁の塗装など様々なことを行い、建物の外装から内装までの修繕を行います。日数としては数週間から数カ月かかる場合があり、費用も一世帯当たり数百万円かかります。特に規模の大きい、あるいは世帯数の多いマンションでは数千万円から億を超える場合があるため、管理会社に工事を委託するだけでなく、コンサルティング会社にも依頼することが多いです。コンサルティング会社に依頼する理由としては、工事が適切に進められているかどうかのプランニング等が挙げられます。管理会社にもコンサルティングを依頼することは可能ですが、費用が高くなるため注意が必要です。

大規模修繕は費用や時間がかかりますが、長くマンションに住むうえで欠かせないことです。マンションは約10年から20年の期間の間で大規模修繕が必要となり、紫外線や雨風で劣化した壁を修復し、防水加工をします。こうした修繕を怠ってしまうと、急速にマンションの劣化が進み、雨漏りやひび割れ、鉄筋の腐食が起こり、日常生活に支障をきたすようになり、気付いた時には建物事態に深刻な負担がかかっており、修繕をするのにより多くの費用が掛かることもあります。そのため、大規模修繕による専門化の十分な点検と適切な修繕を行うことは、快適かつ安全にマンションに住むため、また、出来るだけ資産価値を下げないためにも必要なことです。