ビルの照明と省エネシステムを活用してコストを減らそう

ウーマン
  1. ホーム
  2. 売れる店の内装デザイン

売れる店の内装デザイン

店舗

頭に描いた理想の店が実現

店舗開業を目指す人は不動産の手続きと市場調査から各種申請に至るまで、数々の困難をクリアすることが求められます。開業に至るまでの道のりは決して平坦ではありませんが、そうした関門を次々と突破して店舗デザインを考える段階まで来るとゴールも見えてきます。オーナーの頭ではすでに理想の店の姿がイメージされており、後はこの理想をいかにして形にしていくが問われてくるのです。それほどデザインにこだわらないのであれば、自分で考えた完成イメージを施工業者に伝えることでそれなりの店が出来上がります。知識のある人なら工事中も業者に細かい指示を与え、売れる店を作るため最後まで努力を怠りません。そうした店舗デザインに関する専門知識を持たない人でも、店舗設計を専門に行うデザイン事務所を利用することでイメージ通りの店を作ることは十分に可能です。もちろん予算その他の制約もあるため必ずしも理想通りにはいかないケースも少なくはありませんが、店舗デザインのプロなら理想に近づけるよう知恵を絞ってくれるものです。頭だけで思い描いていた店の姿を実際の形にするためには、このような店舗デザイナーの協力が欠かせないのです。

デザイン事務所の得意分野

普段からこうした店舗設計を専門に行っているデザイン事務所でも、飲食店を得意とする事務所や小売店を得意とする事務所があります。美容院やエステサロンに特化したデザイン事務所なども多く、一口に店舗デザインと言っても専門分化が進んでいるのです。デザイン事務所を利用する際にはそうした得意分野を事前に調べた上で見積もりを依頼することでも、理想の店舗デザインと出会える可能性が高くなります。現在では3Dパースと呼ばれる精細な完成予想図で住宅や店舗のデザインを検討することが可能となっており、見積もりの段階から店舗の完成形がイメージしやすくなりました。見積もりやパース作成までは無料で行っているデザイン事務所も多いことから、複数の事務所の案を比較することも可能です。一般住宅などと違ってゼロから建築物を設計する必要のない店舗デザインは、それだけ設計の自由度も高いものです。飲食店や小売店・美容サービス店等の設計に得意分野を持つデザイン事務所では、業種ごとに売れる店の特徴を熟知しています。優れた店舗デザイナーは店舗プロデューサーの役割も期待できるため、リニューアル時のビジネスパートナーとしても力になってくれます。