ビルの照明と省エネシステムを活用してコストを減らそう

作業員

照明から考える節電

ビル

照明設備を見直したい

ビルでは大量の照明器具が利用されていますが、建造物の規模が大きければ大きい分、必要な照明も比例して多量になります。一つ一つの照明の消費電力は小さくても、大量の照明器具を利用するという際には膨大なエネルギーが必要です。この為、照明器具からビルの省エネを考えることも重要と言うことが可能で、近年では様々な照明器具やソリューションが現れてきています。それらを上手く活用していくと、大きな省エネ効果を見込むことも出来ますから、どのようなものがあるのかリサーチしておいて損はないでしょう。照明器具自体が省エネなもの、省エネを実現するために用いることが可能なシステムなど、色々な物があります。ニーズに合致したものが、見つかるかもしれません。

どういったものがあるか

ビルの省エネに役立つ照明器具やソリューションは多彩なものがありますので、特徴やメリットは把握しておいて損はないでしょう。まず、近年、人気が高まっているLED照明では、蛍光灯と同じ照度を低電力で実現可能ですし、無駄な熱が出にくいのも特徴です。比較的コストがかからない場合も多く、メリットも多数で、冷房の負荷を低減するためにLEDを考えることもあります。また、ビル内での無人エリアや照明が不要なエリアでは、照明器具を自動的に消灯できるセンサーを導入する手法も開発されています。人の有無を感知したり、太陽光などによる照明の必要度を測定し、自動で照度を切り替えたり、いろいろな機能のものがあります。ケースによっては大きな節減効果が期待できるでしょう。